So-net無料ブログ作成
海外のこと ブログトップ

第二の故郷 デトロイト [海外のこと]

三度目の駐在はさすがに単身赴任でしたが早くも2年が経過しようとしている。
25年前に初めて駐在した時の記憶は今でも明確に脳裏に焼き付いている。
わけも判らずがむしゃらに仕事していたけれど、土日に過ごした時間、
休日に訪れた様々な観光地は今でも僕の楽しい思い出。
意外とデトロイトそのものの記憶がない、それは当時BIG3のひざ元
JAPAN BASHINGでデトロイト郊外に避けるように固まっていた
日本人社会の悲しくさみしい一時を物語る。
MACに入ると、日本人に食わせるハンバーガはないとか、日本人が住むと味噌と
カレーの臭いが、染み付くからと良いアパートは見つからないとか、
それにしても日本人は逞しかった、今でこそ日本食料品はすぐにどこででも手に入る、
一般のSUPERにも、日本の食材は販売している、日本人向けもあるだろうが、寧ろ
米人の一般向け商品として、売れるから置いてくれるようになった。
いわゆるヘルシー食品として、米、豆腐、照り焼きなどで日本食が、幅広く広まり
今日現在、我々は食事で何ら苦労したことがない。

不思議なもので、そういう恵まれた環境にいると、更にあれが欲しいとか、こんなものが手に入りにくいなどと好きなことをいうのであろう、最近は、SUPERが、日本人を雇い、顧客の要望を聞き出し、品ぞろえするような店まで出てきている。
当時は、仲間で共同で、当番制で何家族もの買い物をまとめて、シカゴに買い出しに行ったものである、
片道6時間かけて出かけ、日帰りなので、それ相当に大変であったが、それしか手段がなかった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

久しぶりの一時帰国 [海外のこと]

このブログも久しぶりにアクセスしている
何と2009年8月1日にアメリカに3度目の赴任をしてから8月17日まで放置していた
理由は特にないのだが、いろいろ忙しくてブログの存在そのものを忘れていた

一時帰国とはいえ、当然仕事の都合での帰国であり、自宅には時差取りに帰ったようなものであった
また今年は特に猛暑日が続き大変な暑さで本当にまいった

新築の自宅が1月に完成して自分の家なのに住んでいなくて、初めて宿泊した
(自宅に泊まることを宿泊というかどうかは別にして)なかなか快適であった

意識的にオール電化とし、太陽光発電も取りいれ、最先端のLED照明を多くい採用し、
毎日の発電量が多い
時には100%自給しても余る電気を売電していることに感激した

そういえば、我が家にも大型のFLAT TVが入ったが、これがまたまた最新型の3原色以外
に黄色のLEDが追加され画面の色彩が鮮やかであり感激した、技術の進歩も大したもの

今回の駐在は3回目で延べ17年間が経過している、31年の勤続であるので50%以上が
海外となる最近は南米への出張が多くなり、昔懐かしいブラジル・アルゼンチン・コロンビアに
よくいく、これからこれらの国を紹介してゆくつもり




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ヨーロッパに久しぶりに出かけました [海外のこと]

2月23日から10日間ほど欧州に出張したよ。
今回はドイツのMUNICH〔ミュンヘンの英語読み)経由AUGSBURGという田舎町。
ここで国際会議があり、顧客に付き添い通訳をかねて出張。その英国にわたり定期顧客訪問し
BRUSSELにもどりPARIS経由で帰国。

今回の欧州で感じたこと。

1)欧州の町のきれいなこと、街角にはいたるところに分別のゴミ箱があり、町を行く人がゴミをゴミ箱にきちんと
 入れている姿が目に付いた。日本はきれいなほうだが、街のいたるところに放置されたゴミが恥ずかしい。
 タバコの吸殻もほんの少しで入り口に落ちている程度で町には吸殻はない。
 今回の国際会議もSMOKING FREEであった。
 
2)欧州の人は食事が質素であるということ。
  町のいたるところでCAFEがあるが基本的には硬いフランスパンにはさんだ
  ハムとチーズで簡単なサンドイッチだ。
  会社の食堂ではBLUE COLORとWHITE COLORが一緒に清潔な食堂で一緒に食事
  ただし食べているものは、礼のサンドイッチか単品のパスタ。
  ここで驚くのはビールも飲めるのである、昼間ッからである。
  ドイツの夕食に頼んだONION SOOPが本当にONIONが焦げたものだけであった、びっくり。
  またこの日唯一ステーキを頼んだがSIRLOINの固めの肉を塩コショウで普通に焼いただけの
  シンプルなもの、あまりドイツ人はステーキにこだわりがないみたい。ほとんど赤肉といった肉であった。

3)ビールをよく飲む
 ビールのジョッキが1 LITTERのものがあった。これが普通サイズというから驚き
 またある程度のBREWERにいくと、午後三時ごろから込み始め5時ごろには数百人の人々がろくに
 つまみも頼まず、ビールをがぶ飲み。
 ソーセージやミートローフなどを食べるのは外国人だけ。みんな塩の結晶の振りかけられたプリッセル
 を齧りながら飲んでいる。

ヨーロッパ [海外のこと]

2月23日から1週間の予定で欧州に出張することになったよ
1)パリ経由ドイツ ミュンヘン(Munichi)
2)ベルギー ブリュッセル(Brussel)
3)英国 バーミンハム(Birmingham)
仕事で行くのではあるが、数日の余暇を予定しており
MunichとParisで一日ずつ休暇をとる予定 7泊9日予定

Munichは初めての町、よい知識もないが、唯一 ミュンヘンーー 札幌ーーミルヲーキー
というビールの美味しい町のNETWORKは有名かな、かつてオリンピックも開催されたね
今から事前によく調べていろいろ見てくるつもり、帰国したらみんなに報告するよ。
それと今年はウィーンにも行きたいな。音楽の都。
チェコのプラハやサンフランシスコ、ボストンのオーケストラの生演奏は聞きましたが、
これからウィーンで音楽を聴いて見たいな。
何回も欧州には行くので、これからは ウィーンによりたいと思っているよ。
いろいろお付き合いも増えそうだし、忙しくなりますね。

Parisは最近の欧州旅行では中継地点として最適だなと思いJAL Nagoya --Paris便に乗っている。
朝晩に町並みを歩くだけで、贅沢な旅行気分に浸れるものね。
最近はモンブランケーキ発祥の地、喫茶店というかカフェ
ベルサイユ宮殿、モンマルトルにあるカフェでのランチ
CHANNELの本店でかうネクタイ
ルーブル美術館での一人での散歩など
よいPARISは見ています。
今まではお客さんと一緒のことが多いので、日本語のツアーガイドをつけて
回るので、結構詳しい話を聞けてよかったと思っている。
いつもは、ルーブル前のresinaに止まるけど、今回はopera ハウス近辺の
intercontinental hotel  に変えてみた、理由は美味しい日本の朝食があるから。




ロシア [海外のこと]

最近仕事でロシア訪問を企画したが、相手先が都合悪く日程の調整がつかず、
5月まで延期となってしまった。
ロシア、かつての共産圏ではあるが、おそらく中国のそれとは違い、
まだまだ軍国主義の名残が残っているのであろう。最近は日本でもロシア人が
結構来ているが、彼らが日本で感じる平和・安全というものがロシアには
まだまだないようである。というのは、
①一人では行かないこと
②ホテルなどすべての旅程を確定しないとVISAが取れない
③英語がまったく通じない
④外出はしないこと  
以上が関係者から聞いた注意事項である。
普通の人にはまったくなじみがないのであろうが、ビジネスマンにとって
都合の悪いことだらけである。
①安全の意味で複数で神津すること自体はいいとして、機動力がそがれる
②急な出張が無理、ビジネスビザ取得に2週間前の申請が必要になる。
③空港のカウンターで英語が通じないそうである。話にならない。
④町中を見物のつもりでうろうろすると、SKINHEADは近寄ってきてぼこぼこにされるそうである。

個人的には信用していないが、すでにロシアに行ったことのある人や、駐在員の情報ということで
一応心構えとして肝に銘じていっても無駄にはならないだろう。
現地で仕事をする上では、現地に駐在員事務所を持った商社に援助がないと無理かなといった感じ。

まあいずれにせよ一度本当に訪問してみて、また詳しくレポートします。5月ごろになります。



久しぶりの中国 [海外のこと]

久しぶりに仕事で中国出張1月30日何と一泊で仕事オンリー。
1月だというのに気温は2度。とても寒かった。
広州は南に位置するので普段は暖かくコートなど要らないはず。
ところがである。肌寒く、小雨が降りとにかく震えていた。

中国というと、中華料理。今回は本格的な北京ダックをいただいた。
さすがにおいしかった。、また名前は忘れたが、
強いお酒に活きた車えびを漬け込み、火をつけてその火自身で
自然に料理が進むといった変り種も。

中国への往復は名古屋セントレア空港から、広州直行のANA BUSINESS JET。
ビジネスクラスであるが、安く設定され、料理もまあまあであった。
さらに客室乗務員もJALのそれとは大違い。皆さんANAがお奨めです。
4時間半の中途半端な時間がそれほど苦痛でなかったし、疲れもそんなになかった。
今回たった一泊であったが、これからも行けそうな気がした。

中国で携帯メールの送信しようとしたが、広州で自動的に接続される中継局では
メールサイズが合わないのか、NGであった。
まだまだ本当の意味での国際携帯は存在しないのか。


海外のこと ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。