So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

転職なんて、自分はと思ったが? [突然の出来事]

55歳になり、会社の推奨する選択定年制度を活用、思いきって、OFFERのあった
欧州某メーカー転職
今までの延長戦から、少し外れた仕事を多い気に期待していたが、この年になると、
管理ばかりで、いや管理しかない仕事上の制約が大きくのしかかる。

都会での一人暮らしも大変である。
3食外食も無理があり、自炊を始めるとこれが結構大変。
無駄も多い、

頻繁な地震、これも大変と言えば大変。ゆさゆさと、早朝に、深夜に、大きく揺れる。
高層ビルの上で、運悪く仕事していて、あの揺れを経験してみると、無いに越したことはないと
思うくらい、よく揺れるものだ。

会社組織も、古くからの日本の組織で仕事をしてきたものだから、外資系はとにもかくにも
組織の中で、全員が歯車で仕事をしている。
朝から晩まで、パソコンに向かい何かをしている。
利益を生んで居るのか、はたまた、依頼している仕事の優先度はどうなっているのか、お構いなし。
皆さんがMY PACE

メーカーの営業なのに、何も知らない。
良くこれで営業が務まるなと不思議。
中途採用ばかりで、生え抜きというか学卒で、育成された者は皆無。
お先真っ暗。

こんな事を、管理者の自分が言っていては、ダメだろう。
本来は自分の責任なんだろうが、如何にせん、時すでに遅しの感が否めない。
私としても中途採用の管理職で、与えられた組織で最大限の利益を上げる事が使命。
そんなことは百も承知。
兎に角、組織が弱体で、2年後3年以降の目標は、全く読めない。

組織強化で最も重要な、評価と人事権の問題。
私は75名の組織の長であったが、実質の人事権無。また評価で厳しく実績を評価した結果を
頭ごなしに1ランクも2ランクも下げられた、部下を完全に見くびり、成果を普段の態度だけで
見下し、評価する気がない私の上司。私が評価して引き上げて次の目標に向か追おうとした矢先
無残にも崩れ、需要な部長職が2名も奪われ、私が兼務。
もはや、これまで。

外資系の会社特有の、標準品を異国の地、日本で売りつける、上手くいかない、それもそのはず。
でも長年、手が打たれていない。
お客のニーズを盛り込んでできた標準品だから良いと信じて疑わない。
強豪がひしめく中、短期的にも中期的にも展望は暗いと言わざるを得ない。

これを変えようと、もがいてみた揚句、いくつかの新規アカウントは獲得したものの
人間関係を、形成していくうえでのお付き合いが、年一度に限られ、上限もある。
当然自腹で払ったりもしてきたが、ばかばかしくなり、中断。
この会社に見切りを付けた。今のやり方では、おそらくこれ以上伸びないであろう。
少なくとも私が外部の人間で、この会社と付き合ったら、長く続かないと思うから。

人生最大の汚点、でも、次の会社は、地元で頑張ろうと思う。
あと10年働ける環境を先取りして、60歳で切られるようなところは、避けたい。
家族も、安定した収入が一番心配でもあり、早く転職先を見つける事、
これが、当面の最大の課題。

所で今回、自分で転職活動してみて、つくずく感じたことがいくつかある。

1)転職案件情報に、年齢条件が、記述されていないことが多い、
  裏返しに、2012年5月以降、年齢で募集条件を制限することは、
  法律で禁止されたこととなった、おそらく80%以上の案件は、
  募集年齢範囲が記述されず、私のような56歳には、時間の無駄になる事が多い。
  年収から想像して、大体の場合は30歳代40歳代まで。

2)地区により、年棒が大きく変わる、東京1500万円平均 名古屋1000万円など。
  外資系は、1000万円以上払っても、良い人を取る、国内は、精々600-800万円どまり。
  年棒の場合、一切合財含まれている場合が多い。
  住宅手当、通勤手当、賞与なども含まれて、年棒を12分割して、給与として支給がほとんど、たまに
  14分割して、賞与と称して、8月12月に支給する場合がある、せこい。これが、年棒制というもので
  あろう。

3)新しい職位の、仕事の責任を、明確に確認するべき
  私の場合も最初の転職では、部門のTOPを申し付けられたが、これも名ばかりで
  サービスマネージャー、営業課長なども同時に空席ポストを兼務させられる。
  またTOP人事でもあるにもかかわらず、私には人事権は一切なく、自分の組織を作ることは
  不可能、仕事を達成するうえで、組織がもっと重要、必要な人材を強化する、増員する権利を
  得ることで、目標達成する。これを、転職時に、確認すべきであろう。
  私はこの時点ですでに失敗していたと言える。

4)中途採用で入る以上、既に仕事をして同僚、仲間、あるいは直属上司とできるだけ早くなじむ
  事が重要であるが、外資系は、困難が伴う。
  まず、自分の上司が、誰だか、わからなくなる時が有る。
  REPORT TO(報告先)が、一つでなく3つも4つもある。
  外資系は皆一緒と、知ったかぶりでいう人が多いが、私は違うと思う。
  私を評価する人がMY BOSSであるべき。これが構築できていない、外資系は就職しない方が良い
  のちのち、苦労することが見えているから。

5)外資系の場合、本社やRELIGIONから、多くの管理者が日本にやってくる。
  視察、会議の名のもとに、月に数名毎月やってくる。
  これら意味のない来訪者の相手を、進んでできない人は、外資系就職はやめた方が良い。
  もちろん重要会議や、使用打ち合わせなどで技術者が顧客訪問に来てくれるのは、別の話。日常業務
  明らかに、これを逸脱している、海外旅行が多いようだ。
  日系ではありえない、出張の目的確認の時点でキャンセルされるものがほとん土、ましてや
  最近のTV会議システムなどが、発達しており、日本にわざわざ来る必要が、なくなってきているはず。


6)海外進出したくて、困っている会社が意外に多いこと。
  北米、中国、東南アジアに、かつて拠点を持っていたが、失敗したり、
  再度、今また進出するうえで、今度は、良い人材を採用して任せようと言う
  明らかに、STEP UPしている動きを感じる。
  海外駐在経験、海外での事業の立ち上げなどが、大きなメリットになることは、間違いない。

7)最近の転職サイトのその中身の内容は

  医療関係の事業拡大、WEB関連の事業拡大、外資系アパレル関連の日本での展開、
  建機、家電関連の中国、韓国での工場管理の話がそのほとんど。残りはほぼコンサルタント業。
  学卒でどこかでWEB関連に仕事をして30台で某WEB会社の事業部長も夢ではなさそうな感じ。
  実際問題人を使えないので」無理かも。
  とにかく公表されている募集要領には矛盾だらけが多い。
  社会人経験10年まで、WEB SITE立ち上げの経験最低5年、海外駐在経験尚可、50人以上の
  MANAGEMENT経験、年収1000万円~   ありえないことばかり。
  人のMANAGEMENTなんて、5年10年でできるものではないですよ。

次の転職先が決まれば、また、このBLOGで紹介しよう



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

転職しました [年をとった]

なんと、55歳を迎えて思い切って転職する道を選んだ
最大の理由は、このまま人生を終わらせたくなかった。
自分を必要としてくれる会社があり、そこで貢献をして、人生をより華やかなものにしたいと、思った。

今まで歩んできた人生が、このままで終わるよりも、新しい市場/分野に挑戦し、自分の可能性を試す
というより、自分の経験を、次の世代に引き継ぐ意味でも、重要な意味を持っていると、思い出したことが
きっかけでもあった。
しかしながら、転職といっても、今の会社をやめてから、新たに就職先を探す余裕などなかった。
更には次の会社を探しながら今の仕事を続けることが、大変に困難を伴い、自分でモチベーションを
高揚し続けることが最大の課題であったことは今も忘れない。

そこに、偶然にも某HEAD HUNTから紹介があり、良いPOSITIONがあると紹介され
55歳の選択定年制度を活用し、飛び出した。
その後1年あまり頑張ってみたが、自分の考えているような仕事ではなく、前職の延長に過ぎない
また必要以上のルールによる拘束と、無駄としか思えない会議、報告書の反乱に悩まされ、
次第に自分の早まった決断を、後悔し始めている自分が居た。

転職ーーー希望ーーーやりがいーーー達成感という構図ははかなくも崩れ
名古屋にU TURNして、再度やり直すための転職を余儀なくされた。

新しい一歩、次は慎重に決めて、あと10年は安心して働ける職場を探そう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

第二の故郷 デトロイト [海外のこと]

三度目の駐在はさすがに単身赴任でしたが早くも2年が経過しようとしている。
25年前に初めて駐在した時の記憶は今でも明確に脳裏に焼き付いている。
わけも判らずがむしゃらに仕事していたけれど、土日に過ごした時間、
休日に訪れた様々な観光地は今でも僕の楽しい思い出。
意外とデトロイトそのものの記憶がない、それは当時BIG3のひざ元
JAPAN BASHINGでデトロイト郊外に避けるように固まっていた
日本人社会の悲しくさみしい一時を物語る。
MACに入ると、日本人に食わせるハンバーガはないとか、日本人が住むと味噌
カレーの臭いが、染み付くからと良いアパートは見つからないとか、
それにしても日本人は逞しかった、今でこそ日本食料品はすぐにどこででも手に入る、
一般のSUPERにも、日本の食材は販売している、日本人向けもあるだろうが、寧ろ
米人の一般向け商品として、売れるから置いてくれるようになった。
いわゆるヘルシー食品として、米、豆腐、照り焼きなどで日本食が、幅広く広まり
今日現在、我々は食事で何ら苦労したことがない。

不思議なもので、そういう恵まれた環境にいると、更にあれが欲しいとか、こんなものが手に入りにくいなどと好きなことをいうのであろう、最近は、SUPERが、日本人を雇い、顧客の要望を聞き出し、品ぞろえするような店まで出てきている。
当時は、仲間で共同で、当番制で何家族もの買い物をまとめて、シカゴに買い出しに行ったものである、
片道6時間かけて出かけ、日帰りなので、それ相当に大変であったが、それしか手段がなかった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

久しぶりの一時帰国 [海外のこと]

このブログも久しぶりにアクセスしている
何と2009年8月1日にアメリカに3度目の赴任をしてから8月17日まで放置していた
理由は特にないのだが、いろいろ忙しくてブログの存在そのものを忘れていた

一時帰国とはいえ、当然仕事の都合での帰国であり、自宅には時差取りに帰ったようなものであった
また今年は特に猛暑日が続き大変な暑さで本当にまいった

新築の自宅が1月に完成して自分の家なのに住んでいなくて、初めて宿泊した
(自宅に泊まることを宿泊というかどうかは別にして)なかなか快適であった

意識的にオール電化とし、太陽光発電も取りいれ、最先端のLED照明を多くい採用し、
毎日の発電量が多い
時には100%自給しても余る電気を売電していることに感激した

そういえば、我が家にも大型のFLAT TVが入ったが、これがまたまた最新型の3原色以外
に黄色のLEDが追加され画面の色彩が鮮やかであり感激した、技術の進歩も大したもの

今回の駐在は3回目で延べ17年間が経過している、31年の勤続であるので50%以上が
海外となる最近は南米への出張が多くなり、昔懐かしいブラジル・アルゼンチン・コロンビアに
よくいく、これからこれらの国を紹介してゆくつもり




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

久しぶりの帰国 [突然の出来事]

久しぶりの一時帰国、何で?
実は昨年の7月31日に急遽アメリカの現地法人に転勤になりました。
以来5ヶ月経過して久しぶりに日本に帰国新年を迎えようとしています。
アメリカの住み心地は?うーーん、難しい質問です。
というのは、実は今回3回目の駐在でそれも全てDETROIT。
少々マンネリ気味ではあるものの、今回は現地法人の社長という事で赴任、ですから
仕事の中身も違うし責任も重いので、毎日ぴりぴりしています。
この年になって聞かれることは、新しいもんだ似に対するすだんばかり。
教科書も無く、参考書も無い中で自分の常識と今までの経験での考え方で
無理矢理回答を引き出し、こうしたいと希望を伝えるとアメリカ人スタッフがそれをアメリカ風に
アレンジして処置してくれる。

帰国以来、昔の友人や仕事上お世話になっている方々と親交を深めたり
golfをしたりと、毎日結構忙しいんです。

そういえば昨日、岐阜ゴルフ場でお土産を見ていて面白い物を発見。
静岡おでんです。
名古屋味噌おでんですが、隣の県ではだし汁で煮込むいわば関東煮です。
ところが変わっているのはそんな事ではなく
packageに条件が書いてあるのです。

1、串に刺してること、
1、黒はんぺんが入っている事、
1、だし汁が黒い事、といっても実物は普通のしょうゆ出しの色でしたが?
1、ダシ粉を掛ける事、(秋刀魚やいわしの粉と青海苔の混ぜた物)

面白いですね、正月にで味わおうと楽しみにしています。



タグ:駐在生活
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

桜の花見 [本日の出来事]

桜ほど季節感あふれる花はないですね。
毎年決まってこの時期、新入生、新社員の入社してくるこの時期にそろって花を咲かせる
東海地方にも多くの桜の名所があるのですが、なかなかみんなを見て回ることは少ないですね。
今までの人生で知りうる訪れたことのある桜の名所は
1)山崎川
2)平和公園
3)藤が丘近辺
4)名古屋
5〕岡崎城
6)清美の薄墨桜
7)郡上の枝垂桜
どれも思い出に残る可憐な桜の花です。
今日も晴れのよい天気の中、平和が丘と藤が丘に最後の桜を一目見に行きました。
来年のこの時期には家族でそろって花見に行きたいなと思いました。

最近ひどくなってきた花粉症も何故か桜の季節には自然に鳴りを潜める。
不思議なくらいに直ってしまう。
何で桜の花粉ではALEGYにならないんだろう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヨーロッパに久しぶりに出かけました [海外のこと]

2月23日から10日間ほど欧州に出張したよ。
今回はドイツのMUNICH〔ミュンヘンの英語読み)経由AUGSBURGという田舎町。
ここで国際会議があり、顧客に付き添い通訳をかねて出張。その英国にわたり定期顧客訪問し
BRUSSELにもどりPARIS経由で帰国。

今回の欧州で感じたこと。

1)欧州の町のきれいなこと、街角にはいたるところに分別のゴミ箱があり、町を行く人がゴミをゴミ箱にきちんと
 入れている姿が目に付いた。日本はきれいなほうだが、街のいたるところに放置されたゴミが恥ずかしい。
 タバコの吸殻もほんの少しで入り口に落ちている程度で町には吸殻はない。
 今回の国際会議もSMOKING FREEであった。
 
2)欧州の人は食事が質素であるということ。
  町のいたるところでCAFEがあるが基本的には硬いフランスパンにはさんだ
  ハムとチーズで簡単なサンドイッチだ。
  会社の食堂ではBLUE COLORとWHITE COLORが一緒に清潔な食堂で一緒に食事
  ただし食べているものは、礼のサンドイッチか単品のパスタ
  ここで驚くのはビールも飲めるのである、昼間ッからである。
  ドイツの夕食に頼んだONION SOOPが本当にONIONが焦げたものだけであった、びっくり。
  またこの日唯一ステーキを頼んだがSIRLOINの固めの肉を塩コショウで普通に焼いただけの
  シンプルなもの、あまりドイツ人はステーキにこだわりがないみたい。ほとんど赤肉といった肉であった。

3)ビールをよく飲む
 ビールのジョッキが1 LITTERのものがあった。これが普通サイズというから驚き
 またある程度のBREWERにいくと、午後三時ごろから込み始め5時ごろには数百人の人々がろくに
 つまみも頼まず、ビールをがぶ飲み。
 ソーセージやミートローフなどを食べるのは外国人だけ。みんな塩の結晶の振りかけられたプリッセル
 を齧りながら飲んでいる。

大切な人

久しぶりに懐かしい人に会うとうれしくなります。
仕事の関係でユーザーに行き、昔の同級生にあったとき。
お客様の接待でのみに行ったら、昔知り合った女の子に会うこともある。
親類の法事に行き昔世話になった叔父さん叔母さんに会う。
町でばったり幼馴染に会う。
会社でも、米国に駐在したとき世話になった人に突然会うこともあう。

最近一番の出会いは、名古屋で初めて飲みに行ったお店で知り合った子。
お仕事でイタリアに突然行ってしまい5年ぶりに帰国したとのことでばったりあった。
実に懐かしかった。
相変わらずの感じで、可憐で、可愛くて何といっても大人に成長していて別の魅力に
あふれていた。うれしかった。ほのかな恋心。
海外といってもアメリカ中国など仕事で駐在する場所がいろいろあるが、
この子は何とイタリアである。

僕はイタリアには新婚旅行で一日泊まったきりである。仕事の関係でしか海外へ行かないので
事務所がない国にはなかなか行く機会がないものである。


ヨーロッパ [海外のこと]

2月23日から1週間の予定で欧州に出張することになったよ
1)パリ経由ドイツ ミュンヘン(Munichi)
2)ベルギー ブリュッセル(Brussel)
3)英国 バーミンハム(Birmingham)
仕事で行くのではあるが、数日の余暇を予定しており
MunichとParisで一日ずつ休暇をとる予定 7泊9日予定

Munichは初めての町、よい知識もないが、唯一 ミュンヘンーー 札幌ーーミルヲーキー
というビールの美味しい町のNETWORKは有名かな、かつてオリンピックも開催されたね
今から事前によく調べていろいろ見てくるつもり、帰国したらみんなに報告するよ。
それと今年はウィーンにも行きたいな。音楽の都。
チェコのプラハやサンフランシスコ、ボストンのオーケストラの生演奏は聞きましたが、
これからウィーンで音楽を聴いて見たいな。
何回も欧州には行くので、これからは ウィーンによりたいと思っているよ。
いろいろお付き合いも増えそうだし、忙しくなりますね。

Parisは最近の欧州旅行では中継地点として最適だなと思いJAL Nagoya --Paris便に乗っている。
朝晩に町並みを歩くだけで、贅沢な旅行気分に浸れるものね。
最近はモンブランケーキ発祥の地、喫茶店というかカフェ
ベルサイユ宮殿、モンマルトルにあるカフェでのランチ
CHANNELの本店でかうネクタイ
ルーブル美術館での一人での散歩など
よいPARISは見ています。
今まではお客さんと一緒のことが多いので、日本語のツアーガイドをつけて
回るので、結構詳しい話を聞けてよかったと思っている。
いつもは、ルーブル前のresinaに止まるけど、今回はopera ハウス近辺の
intercontinental hotel  に変えてみた、理由は美味しい日本の朝食があるから。




ロシア [海外のこと]

最近仕事でロシア訪問を企画したが、相手先が都合悪く日程の調整がつかず、
5月まで延期となってしまった。
ロシア、かつての共産圏ではあるが、おそらく中国のそれとは違い、
まだまだ軍国主義の名残が残っているのであろう。最近は日本でもロシア人が
結構来ているが、彼らが日本で感じる平和・安全というものがロシアには
まだまだないようである。というのは、
①一人では行かないこと
ホテルなどすべての旅程を確定しないとVISAが取れない
英語がまったく通じない
④外出はしないこと  
以上が関係者から聞いた注意事項である。
普通の人にはまったくなじみがないのであろうが、ビジネスマンにとって
都合の悪いことだらけである。
①安全の意味で複数で神津すること自体はいいとして、機動力がそがれる
②急な出張が無理、ビジネスビザ取得に2週間前の申請が必要になる。
③空港のカウンターで英語が通じないそうである。話にならない。
④町中を見物のつもりでうろうろすると、SKINHEADは近寄ってきてぼこぼこにされるそうである。

個人的には信用していないが、すでにロシアに行ったことのある人や、駐在員の情報ということで
一応心構えとして肝に銘じていっても無駄にはならないだろう。
現地で仕事をする上では、現地に駐在員事務所を持った商社に援助がないと無理かなといった感じ。

まあいずれにせよ一度本当に訪問してみて、また詳しくレポートします。5月ごろになります。



前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。